Day 7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりのチャーハン失礼。

今日渋谷で食したザ チャーハンといった感じのザ 中華屋の味で、きっと世の中の男の人が全員好きであろう味付けは病みつきになりつつもバランスのとれた奥深いもので、僕もこういう人になりたい。

最近僕はお金の事についてよく考える。

これは別にめっちゃ金欲しいとか、そういうはしたない話ではなく、お金に関する授業とか教育って受けてこなかったなと。

なんとなく日本人の価値観ってお金の事を話したり考える事がタブーのような雰囲気あるように感じてる。

卑しいみたいな。

でも必ず全員が誰かからお金を頂いて生活しているこの世の中でそれはあまりにも変な価値観だなと。

僕は音楽大学を出ているけれど、音楽大学に足りないのは圧倒的にお金の教育だと思う。

何故なら卒業してミュージシャンとして活動する上で最初にぶつかるのがお金の事だ。

お金が無いとかじゃない、お金がないなら何とかして作るしかない。

そういう話じゃなくてどういうお金の周り方をしているのかという事を教えていないのは致命的かと思う。

一体ライブハウスを借りたりするのがいくらくらいかかるのか、レコーディング費用、CDの製作費用、チラシの製作費用、その他活動する上でのお金の動き方が最初まったく分からず行き詰まる人が多いと思う。

これは授業で教えるとかではなく、コンサートなりライブなりを外部で実際にライブハウスやホールを借りて実践しなければ分からない事だと思う、レコーディングも実際に外部で。

加えて何でも無料で開催してしまう学内発表会ではなく少しでもお金をお客様から頂いてやるべきとも思う。

無料で来てくれるお客様でホールが満員になるのに慣れてしまって勘違いしてしまうから。

お金を頂いているというリアルな感覚がどれほど大切なことかは計り知れない。

無料で来てくれたお客様が1000円のチャージで来てくださるのか、はたまた3000円のチャージできて下さるのか。

プロのミュージシャンは凄まじい覚悟でそこに向き合って命燃やして音楽していると僕は感じている。

お金は天下の回りもの、だからこそどういう風に向き合って行くべきなのかは真剣に考えたい。

僕は一つお金に関して考えている事がある、これはブログを積み重ねていきながら説明していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク